TOP

初めての風俗に行く前は体験談を読み漁りました。結果不安を解消することが出来たので皆さんにもオススメします。

前の回のこと比べると雲泥の差だ

冒険好きな女性
前の回同様ネットのホームページサイトをみて考えるお気に入りの女の子がいなかったため他の女の子に冒険してみるTELをし空き時間を教えてもらいその時間にリザーブまず人妻デリヘル嬢が部屋に入ってきて「私はじめてですよね?」ときかれるしばし雑談しながら服を脱がせてもらいバスルームに入る体をあらいっこしながらおっぱいをもみもみそしてベッドに移るこちょこちょ等私は苦手で攻めたい派なのですが女の子もSといわれ苦手なことを攻められて苦悶ぬれにくい体質のためローションをクリトリスに塗り指攻めきつきつで指1本がやっとこシックスナインはさせてもらえず女の子の得意なフェラチオをひたすらされて轟沈その後は指圧の強いマッサージを受けて余談最後にバスルームに入りグッバイですネットのホームページサイト上のお客様の反応の声をみてよさそうで指名してみましたがぜんぜん違ってがっかりした。得意のマッサージをしてもっらたが強すぎてあとあと痛みが残った昼間普通の仕事をしているみたいでストレス発散にされた感が感じたのと手抜きされた気がして悔しかった前の回のこと比べると雲泥の差に愕然

月に一回くらいは大丈夫かな

ジェネレーションギャップを感じるキャバ嬢
今の時代の若者…というかいつの時代であっても若者との世代間ギャップというかジェネレーションギャップっていうのは必ずあるものです。まあ「今の若い者は」っていうのは禁句ですよね。私たちが若いときは「新人類」なんて言われてましたからね。いつ時代でもそんな世代間のギャップってあるんですよ。今までは不景気で会社のほうがずっと強い時代が続いてましたから、サラリーマンて悲しき労働者でもあったんですよね。そんなだから仕事のストレスをキャバクラで発散しようってことになるんですよ。私くらいの年になると職場の若い連中は何を考えているのか正直分からないんです。でもそんなこといっても向こうから歩み寄ってくることは期待できませんから。こっちからしっかりとコミュニケーションを取らなければいけません。じゃあどうやってコミュニケーションを取るのかって言ったら私はキャバクラが一押しですね。先日もみんなを引き連れて、キャバクラに行って来ましたよ。まあ会社の経費なんですけど一月に一回くらいは大丈夫かななんて会社にもかけあってますから。

変態イメクラ嬢と意気投合、すっかりはまった

幼く見えるイメクラの女性
ストリップをみたいという願望を持っていますが、今ストリップってないでしょ?だから絶対にこの願望はかなわないよねって思っていた。でも、神様のような友人が、俺の誕生日に予約したからこの場所に行ってみろという。で、いってみると風俗店、イメクラだった。イメクラは一度いってみたいと思っていたけど、安月給でお小遣いも少なく絶対に無理と諦めていたんだ。でも友人数人がお金を出し合って(笑)風俗に予約を入れてくれて、今回初の風俗体験となった。部屋に入るとものすごくイヤラシイ洋服を着た女性がいた。ストリップ小屋をイメージしていて自慰してくれるという。ごっくんもので見ていると、2回ほど出てしまったほどだ。私でこんなに出してくれるなんてとフェラしてもらい、結局合計4回も出た。俺の心の友よ!こんなに素敵なイメクラを奢ってくれるなんて、友達冥利に尽きるよ。(笑)今度は俺の方がしっかり奢ってあげないとと思う素敵な体験でした。機会があればぜひもう一回、女性の自慰がみたい。